おひなさま、登場!

0
    先日より千歳屋のウィンドウにはおひなさまご一行が登場しました!


    image.jpeg

    お雛様、お内裏様、三人官女に五人ばやし・・・勢揃いです!
    圧巻です!是非見に来てください!

    __.JPG

    美しいお雛様の十二単はまるでおふとんのようにふわふわ・・・
    こんな着物きてみたいです!

    __.JPG
     


    スタッフ 高嶋&O

    春の花

    0
      201102191113000.jpg
      今日は千歳屋の二階で草月流のお花の教室がありました。
      写真は生徒さんの作品です。

      結城紬の里

      0
         結城紬の産地見学へ行って参りました!!


        こんにちは、スタッフの高嶋です。
        先週、2011.02.19に茨城県結城市に結城紬の産地見学へ行って来ました。
        今回はその様子をたくさんの写真とともにご案内させていただきます!

        集合写真

        結城紬の織り元であり、問屋さんの小倉商店さんのご案内で、
        結城紬が出来るまでの作業を見学させて頂きました。

        この日は東京でも朝から雪がどどどっと降った寒い日でしたが、
        社長と奥様・スタッフ2人を乗せてTOYOTAのカローラは軽やかに茨城県へ向かいました。

        私は初めての産地見学だったので、勉強会にも関わらずとってもウキウキワクワクで
        遠足に向かう子供のようにはしゃいでしまいました。


        朝9時に出発し、小倉商店さんへ到着したのはお昼頃。
        写真左が3代目の小倉さんです!お若くてビックリしました!
        写真右は千歳屋でもお世話になっている長島繊維の長島さんです。

        小倉さんと長島さん

        小倉さんよりこの日の見学コースや、現在の結城紬の現状についてなどお話をして頂き、
        いよいよ作業場へ・・・・!


        と思いきや、まずは腹ごしらえをしました。
        ご飯屋さん

        こちらのお店“じねんじょ”は野菜を中心とした自然食のご飯屋さんで、
        予約制なのでこの時はお客さんは私たちだけ!
        なんてぜいたくな!気持ちの良いお天気に、無添加な食材!そして素敵な店内です。

        店内

        お店の改装は店主のご主人がされたそうです。
        素敵です!着物がよく似合う空間です!

        食事中

        あまりにも美味しいご飯にみんなとっても笑顔になってしまいました。

        メニュー

        結城だけに、有機野菜のおいしーいご飯を作ってくださったご主人です!
        社長も思わず「かっこいいですね!」と惚れ惚れした着物姿!
        着物を着てる男性ってやっぱりかっこいいですね!!

        店主と


        さて、今度こそ結城紬の作業場へ向かいます。

        まず最初に訪れたのは柳田整理屋さんです。
        こちらでは織り上がった反物の湯通しをする作業が行われます。
        紬の着物は糸をつむぐときや、織る前などにノリをつけるので
        反物を仕立てる前に反物を洗って干してノリをとるのです。

        整理屋

        立っている木の柱に反物をかけて天日干しするそうです。
        残念ながらこの日は朝は雪が降っていたので、
        手前の柱から、真向かいにある奥の柱まで反物が張られる様子は見れませんでした。
        外での作業はおてんと様との相談が必要なのですね…

        作業の様子は見れませんでしたが、作業に使う道具を見せて頂けました!

        箱

        箱に入っていたのは、反物を引っ張るときの端を止める角材と
        反物の生地を伸ばすための木の枝のような棒です。
        角材のほうは、二本が蝶番で止まっていて開閉します。
        開くと針がたくさん並んでいて、この針に反物を挟むのだそうです。

        棒の先には小さくて細い針がついていて、身幅を出す場合に生地を引っ張ります。

        針

        次に向かったのは、すどう商店さんです。
        こちらでは真綿の糸を図案に合わせて手括りして、柄を作る作業所です

        すどう商店

        店主のすどうさんです!
        絹糸で作業しているためか、お肌がとってもつややかで女性としては羨ましい限りです!

        集合写真2

        部屋の中は天窓がいくつもあり、自然光が降り注ぐ中で作業が行われていました。

        部屋内


        この図案に合わせて糸に柄を作っていきます
        図案

        この作業は「手括り」と言って、無形文化財の指定を受けている本場結城紬の条件の一つで
        結城紬の特徴である亀甲模様などの柄を、手で絹糸に綿糸を結んで作っていきます。

        亀甲100

        青い糸が絹糸です。すどうさんが口にくわえながら結びつけているのは綿糸です。
        絹糸は濡れると膨らみ、綿糸は濡れると縮む性質があるので分けて使用するのだそうです。

        すどうさん

        この作業の後、糸を染めるのですが、この図案の場合は綿糸が結ばれているところには
        色が染まりません。よって綿糸を結んだ箇所に青い色が残り、絹糸は地色に染められます。
        何ミリしかないこの細い筋が、反物として織られるときに
        図案通りにきちんと合体して柄が出来上がるのですっ!

        くくり


        また、すどうさんに“八丁撚糸機(はっちょうねんしき)”という糸に撚り(より)をかけて
        ちぢませるという機械を見せて頂きました。
        八長

        この八長が動いているのを見れるのはとても貴重なことだそうです!
        八長見学

        糸は引っ張られながらテンションをかけられていきます。
        1mに2000回転もするそうで、途中ノリの液をかけながら強度を増していきます。
        八長2

        出来上がった糸です!
        ピンっと張って、すこし手をゆるめると・・・
        より

        このように自然とちぢれます。
        この糸を使う紬は“ちぢみ”といって普通の結城紬とはちがった風合いの反物が出来ます。
        凹凸が少しできて、ちりめんに似たような感じで、柔らかさもあるように感じます。
        より2

        ちぢみの作業はとっても手間がかかり、気が遠くなるようでした。
        しかし、近年無形文化財に指定された結城紬の条件は「ちぢみをかけていないこと」が
        含まれているので、ちぢみの結城紬は本場結城紬とは呼ばれないそうです。



        次に向かったのは染め屋さんです。 いなば紺屋さんという素敵なお名前です!
        染め屋看板

        こちらではすどうさんのところで手括りをした糸が美しく染め上がります!
        残念ながらこの日は作業中のものはなかったので、作業所の中だけ見学させて頂きました。
        染め屋

        釜や洗い場などがあって、職人のにおいがしました!
        こういう雰囲気の場所はとっても好きだったので自分用にいっぱい写真も
        撮らせて頂きました。

        こちらは すくも という藍色のもとの染料です。

        藍染め

        社長のお隣にいるかたがご主人です!
        染め屋内

        そして、糸を染めた後はいよいよ織る作業のところへやってきました!
        こちらの蔵の二階にて、その作業を見ることが出来ました!
        しかも、なんと・・・・!

        織り屋

        織っておられたのは20代の美しき女性でした!
        結城紬に魅了され、反物を作りたい!と小倉商店さんの門をたたいたそうです。
        今ではご自分で図案もデザインされ、とても素晴らしい織りの技術をお持ちなのです!
        1人でもくもくと パタパタパタ ガトンッ と作業されていました。
        部屋内

        結城紬の特徴である地機(じばた)織りといって、
        座りながら機械を腰で調整します。
        織ってる様子

        糸を通し、織る(打ち込む)ときには腰でひっぱってテンションをかけ、
        それ以外の時は糸を休ませるために腰をゆるめてテンションをかけないようにするのです。

        たて糸の間によこ糸を通して・・・

        トントンっと打ち込みます。



        そして、千歳屋一行は再び小倉商店さんに戻ってきまして、
        二階にある展示場を見学させて頂きました。

        展示場所

        こちらでも反物を織っている作業中でした。

        展示場の織り屋さん

        織っている作業を見つつ、出来上がっている結城紬の反物を見ることが出来ます!

        結城

        いろんな柄やちぢみの紬などを展示していて、小倉商店の方からもご説明頂きました!

        説明中


        糸をつむぎ、その糸にまた糸を結んで柄をつくり、染め、
        その柄を掛け合わせて模様を織り、
        そうしてようやく一つの反物が出来る。

        着物が出来る工程を全てではありませんでしたが、
        初めて見ることでできて、
        とても多くの人の力によって出来上がっていることを知りました。

        自分の髪の毛と同じくらいの細さの糸がとっても頑丈で、
        それが一枚の生地になってしまうなんて・・・!

        今まで着物の柄がどんなふうに作られているかなんて想像も出来ませんでしたが、
        これからは結城紬の亀甲一つ見る度に、
        あの蔵の二階でもくもくと機(はた)を織っている美しき女性の後ろ姿や、
        明るい自然光が降り注ぐ下で、
        軽やかに絹糸に綿糸を結んでいく肌がつややかで優しいご主人、
        おてんとう様のご機嫌を見ながら反物を干す職人さんたちを
        思い浮かべることが出来ます。


        反物についているこの標章は職人さんたちの誇りと努力が表されているのだなあと
        今回見学に行って感動しました!

        商標

        ここまで長くおつきあい頂ましてありがとうございました。
        また、小倉商店さん始め快く見学させて頂きました作業所の職人さん方、
        心よりお礼申し上げます。


        千歳屋一同

        七宝

        0
           

          店内に飾ってある七宝の文様の帯です。

          七宝とは仏教の言葉で、金、銀、瑠璃、玻璃(はり)、珊瑚、瑪瑙(めのう)、硨磲(しゃこ)、の七つの宝物を意味します。

          文様との関係は不明とされていますが、色々な説はあるようです。

          通年使える文様です。素敵な色です。訪問着にどうぞ・・・

          七宝模様の帯:お仕立上りで¥50000



          こどものきもの

          0
            Image135.jpg 

            お子様のきものといえば七五三?
            いえいえ お雛様、お正月等いろいろな場面できものに触れてみてはいかがですか?
            おでかけきもの6点セット」でおでかけしてみるのも、楽しいのではないでしょうか。

            きもの 羽織 長襦袢 兵児帯 履物 巾着      ¥9800    (1点のみ)


            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            << February 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • ハッピーバースデイ 社長
              還暦の店主です。
            • きもの DE クリスマス 2014
              内海康治
            • きもの DE クリスマス☆
              千歳屋店主
            • 子どもの浴衣づくり講座in粕谷
              きもの千歳屋店主
            • 桜のおみやげ
              真蘭
            • おひな祭り茶会
              千歳屋店主
            • すずのお菓子
              店主軽薄
            • 今日、華道の先生にお花を生けていただきました。鶏頭と女郎花、アカナス。 きものの色とベストマッチ! 秋色ですね〜(^-^)/。
              タカシマ
            • 今日、華道の先生にお花を生けていただきました。鶏頭と女郎花、アカナス。 きものの色とベストマッチ! 秋色ですね〜(^-^)/。
              真蘭
            • 今日のお花
              たかしま

            recent trackback

            links

            profile

            書いた記事数:891 最後に更新した日:2020/02/14

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM