竹久夢二美術館

0

    穏やかな晴天が続く連休谷間の今日、地下鉄根津駅近くにある「竹久夢二美術館」に行ってきました。
    現在公開中の展示は「マルチアーティスト 竹久夢二の七つの顔展」。
    画家としてだけでなく詩人、デザイナー、プロデューサー… 様々な顔をもつ夢二の魅力を作品と共に追う企画展でした。
    美術館と展示スペース自体は本当にこじんまりとしていますが、夢二式美人に魅せられた(と思われる)ご婦人方や若いカップル、お着物姿の方などでわりと賑わっていました。
    かくいう私もその一人で、夢二の描く着物の大胆な色使い、可憐な模様などをみるたび 嗚呼やっぱり着物はいいな〜、などと思ってしまいます。
    とかくルールや人目を気にせずにはいられぬ今の着物事情ですが、普段着くらいは、思いきり個性的に楽しく着たいものですよね。(み)





    火曜日

    0


      内海康治


      千歳屋

      0

        スタッフblog


        2月の文楽公演を見に行って・・・

        0


          <国立劇場文楽2月公演「冥途の飛脚」を鑑賞して>
          「文楽」を見るのは初めてのことで、自分がおもしろいと思えるかどうか期待半分・不安半分で臨みましたが、予想以上に楽しく鑑賞できました。
           
          演目は近松門左衛門作の「冥途の飛脚」。当日の私は“心中ものである”ということだけ軽く予習していたものの、あとは文楽そのものに関しても、細かいストーリーに関しても、ほとんど無知の状態で会場に到着。が、一緒に行った職場の先輩(文楽を見慣れている)のプチ解説と、舞台両脇の字幕のおかげで、ストーリーはすんなり頭に入りました。そうなると、人形の動き、人形遣い3人のチームワーク、情感豊かな大夫の語り、三味線の響き、回り舞台などなど、見るもの聴くものすべてが新鮮でおもしろく、3時間(休憩含め)はあっという間でありました。
           
          次はまた違う演目も見たいけれど、もう2回ほど、同じ演目を見てみたいような気もします。「今日は人形メインで」「今度は大夫メインで」というように、ひとつひとつの要素をじっくり見られれば、より丸ごと味わい尽くせそうだから。でもキョロキョロして3時間がやけに忙しく感じられたのは初心者だから!? 見慣れてくれば一度に全部、満喫できるのでしょうか!?(かね)

          <国立劇場文楽2月公演「義経千本桜」を鑑賞して>
          文楽は初めてのワタシですが今回楽しく拝見させていただきました。席がかなり前の方だったので人形も人形遣いの方の表情もよく見えました。TVなどで観るのと違って舞台の袖の中が見えたりするのも劇場ならではの楽しみ方なのだと思います。

          豪華な衣装をまとった人形達はそれぞれ役者名があることに帰ってから気がつきました。
          義経役を演じたのは「源太」という20代の色気のある二枚目だったり、静御前の役は「娘」で14、5歳の未婚女性だそうです。話しは3部に分けてあり セット風景もそれぞれで歌舞伎のそれと類似しているのですね。

          音も大切な要素で太鼓のトントコトントコ。。。や笛のぴーひゃらら。。。
          三味線のべんべん。。。それから拍子木のタンタンタン。。。
          聞いているだけで心が逸ってきます。

          台詞を詠む大夫の方々−
          汗をほとばしりながら真っ赤な顔で声を張り上げていました。台本を前にしているとはいえ一言でも台詞を間違えたら舞台が台無しになるわけだから、どれだけ大変でしょう。
          人形遣いの方々−
          一体に対して三人で動かしていて 頭を動かす方の表情がやんわりと女性っぽく可愛らしく見えてしまいました。

          文楽は東京で演る機会はわりと少ないらしいですが、今回観ることができてとても嬉しかったです。また是非観に行きたいと思います。この場をかりてチケットを用意してくださった方に感謝の言葉を贈りたいと思います。(くわ)



          きものde歌舞伎に参加して 

          0
            <きものde歌舞伎−国立劇場歌舞伎教室(歌舞伎への誘い)−に参加して>
            かねてより募集しておりました「きものde歌舞伎」の会が去る平成20年3月8日(土)に催されました。お天気にも恵まれ、風もなく暖かい まさに歌舞伎日和でした。
            はじめはわざわざ着物を着ていくのォ?と思いましたが、「わざわざ」着物を着ていくものですね。心身ともにグレードアップした一日を過ごせた気がしています。

            前半の国立劇場楽屋ツアーは視覚・聴覚・臭覚が久々に奮い立つものでした。舞台の奥行きの広さに驚き、三味線を爪弾く中に響く大道具さんの声、そして床山さんの部屋から誘うなんとも云えぬ鬢付け油の匂い、最高でした!
            役者さんの楽屋から和気藹々の楽しげな声も聞こえてきました。私などは一日舞台裏にいても飽きないだろうな、イヤ 一日居たいなあと思った次第です。
             
            後半の歌舞伎はストーリーも解りやすく入り込みやすいものでした。公演後の(女形芝雀さんとの)茶話会もアットホームな雰囲気で「ここだけの話」もずいぶん聞けてお得な気分になりました。他の呉服屋さんも何軒か いらしていたようですが、千歳屋チームもなかなかのものだったと自負しております。わざわざ着て行ったきものを畳みながら充実の一日を振り返ったのでした。(わ)


            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << April 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • ハッピーバースデイ 社長
              還暦の店主です。
            • きもの DE クリスマス 2014
              内海康治
            • きもの DE クリスマス☆
              千歳屋店主
            • 子どもの浴衣づくり講座in粕谷
              きもの千歳屋店主
            • 桜のおみやげ
              真蘭
            • おひな祭り茶会
              千歳屋店主
            • すずのお菓子
              店主軽薄
            • 今日、華道の先生にお花を生けていただきました。鶏頭と女郎花、アカナス。 きものの色とベストマッチ! 秋色ですね〜(^-^)/。
              タカシマ
            • 今日、華道の先生にお花を生けていただきました。鶏頭と女郎花、アカナス。 きものの色とベストマッチ! 秋色ですね〜(^-^)/。
              真蘭
            • 今日のお花
              たかしま

            recent trackback

            links

            profile

            書いた記事数:715 最後に更新した日:2017/04/22

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM