コラム・映画の中のきものたち。

0

    こんにちは、緊急事態宣言が延びて、保育園も休園で・・・

    24時間子供と過ごしています、ユイ・イエローです。

     

    主婦なら当たり前のことなのですが、

    恥ずかしながら子供とこんなに長く過ごすのは

    産んだ以来でして、、

    日々ストレスと戦っています。

     

    そんな私の唯一の自分だけの時間が寝かしつけた後の

    ひっそり映画タイムです。

     

    そこで、せっかくなので映画の中に出てくるきものたちについて、

    私がごく個人的に、ピンポイントで萌えたシーンを

    お話ししたいな、、と思って

    初めてイラストコラムを描いてみました。

     

     

    拙いですが、、少し続けていきたいと思います。

     

     

    時間潰しに読んでもらえたら。。

    そしてこれをきっかけに映画を見て、

    きものへの恋を思い出してもらえたら

    嬉しいです!!!

     

     

     

     

     

    記念すべき第一弾は、「Shall we ダンス?」の周防監督のミュージカル映画

     

    「舞妓はレディ」です。

     

     

    あらすじは以下をご覧ください。(端折ります)

    https://eiga.com/movie/78676/

     

     

     

     

    舞妓さんの振袖姿や、富司純子さんの置き屋のおかみさん姿はとっても素敵ですが、

    私が紹介したいのは・・・

     

     

    上白石萌音ちゃんの見習いの小紋姿

    肩あげと袖丈の長さ!

     

     

     

    舞妓さんは若いお嬢さんなので肩あげもするし、袖丈も長くしてるんですよね。

     

    最近、小学校の卒業式での袴姿が人気ですが

    肩あげを蔑ろにされがちで、、すごく寂しいです。。

     

     

    肩あげは幼さの象徴、成長の証、伸び代なんです!

     

     

    肩あげを外した時に「ああ、私大人になったんだわ」って

    子供自身が思う通過儀礼なんです。

     

    (個人的解釈です)

     

     

     

    だから少なくとも中学生までは肩あげしてほしい、、

    高校生は・・・したら可愛いかな・・

    でも時流的に悩むところですね、無理にとは言いません。(誰にやねん)

     

    小学校の卒業袴姿は肩あげを!!してー!お願い〜!

    (個人的な希望です)

     

     

     

     

    そして袖丈の長さ。

    映画を見ていると、測ったわけじゃないですが

    近年の規制サイズ1尺3寸(49cm)より長そう。

    多分、1尺4寸(53cm)位かな、、

     

    袖丈は本来身長の3分の1くらいと言われているので、

    158cmだったら52cmで1尺3寸5分くらいが理想。

     

     

    舞妓見習いとして、踊りのお稽古をすることも踏まえ、袖丈を長くして

    優雅に見せてるんじゃないか?!と推察しました。

    (でも上白石萌音ちゃんは152cmらしいのでひょっとすると1尺3寸が長く見えているだけ?)

     

     

     

    萌音ちゃんが踊ったり歌ったりするたびに、

    袖丈の長さがひらひら〜と翻るのがキュンキュンします!!

     

     

    あ〜可愛い。

    若くても年齢を重ねていても、袖丈が長いのが好きです。

     

     

    確かに、規制サイズじゃない袖丈は面倒です。

    プレタのものを買えないし、

    やたらドアノブにひっかけたり、

    袂を持ちあげたり

     

    要らん所作と心配事が増えます。

     

     

     

     

    でも、言うじゃないですか!!

     

    お洒落と面倒は紙一重だって!!!

     

    (個人的解釈です)

     

     

     

     

    肩あげや、袖丈に限らずこだわりがある人は、

    自分のスタイルを持っている人だと思います。

     

     

     

    映画では、草刈民代さん演じる先輩の芸妓お姉さんが

    まさにそれです。

     

     

    年齢を感じさせない、真っ黄色の小紋をさらりを着こなしてます。

    苅安色や萌黄色系統ではなく、完全にレモンイエローの地色のきものです。

    飛び柄で雪輪の紋様が楚々とあしらわれています。

     

    だいぶ華やかな色合いのきものです。

    「えっ、その歳で?」とか思っちゃいけません。

     

     

    映える色鮮やかさを

     

    若作りではなく大人の色香に変えるコーディネート

     

    民ちゃんは輝いています。

    (民ちゃんは周防監督が民代さんをお呼びになる愛称らしいです)

     

     

     

     

     

     

    こんな大人の女性に・・・なりたい・・・

    まずは日本舞踊かしら・・・

     

    ちなみにそのシーンは、民代さんの束髪姿も美しいのですが

    やたらとデカいワイングラスが気になって仕方ない、という

    楽しいコメディシーンです。

     

    帯は染め帯で、季節の花が描かれていそうなのですが

    あまり映らないんですよ〜!!

    もっと映して〜!!

     

     

     

     

    終わり。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ハッピーバースデイ 社長
      還暦の店主です。
    • きもの DE クリスマス 2014
      内海康治
    • きもの DE クリスマス☆
      千歳屋店主
    • 子どもの浴衣づくり講座in粕谷
      きもの千歳屋店主
    • 桜のおみやげ
      真蘭
    • おひな祭り茶会
      千歳屋店主
    • すずのお菓子
      店主軽薄
    • 今日、華道の先生にお花を生けていただきました。鶏頭と女郎花、アカナス。 きものの色とベストマッチ! 秋色ですね〜(^-^)/。
      タカシマ
    • 今日、華道の先生にお花を生けていただきました。鶏頭と女郎花、アカナス。 きものの色とベストマッチ! 秋色ですね〜(^-^)/。
      真蘭
    • 今日のお花
      たかしま

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:906 最後に更新した日:2020/05/22

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM